争議

レラ六本木販売解雇争議は勝利終結!

レラ六本木販売で2012年末に起きたママさんパート解雇争議は、労働審判、東京地裁判決ともに解雇無効を勝ち取り、会社が控訴していましたが、6月29日に、東京高裁にて勝利和解し解決しました。

地裁判決を踏襲した和解内容は、解雇撤回、解決金の支払いです。
また、7月6日には、東京都労働委員会から不当労働行為について救済命令が交付されました。東京都労働委員会は、レラ六本木販売の団交に対する行為を不当労働行為と認定し、ポストノーティス(不当労働行為の陳謝文を掲示する)も命令しました。組合の完全勝利です。

後日、争議解決までの概要をご報告いたしますが、これらの勝利をもって、レラママさんパート解雇争議は終結することになりました。

全国一般東京南部内外のみなさまのご支援に感謝いたします。
ありがとうございました。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2016年7月8日 at 7:15 PM

Categories: 争議   Tags:

レラ六本木販売は争議を解決しろ!

2016年4月15日、東京地裁判決は、解雇無効と賃金および慰謝料の支払いを命じました。
東京地裁原告勝利判決を受けて、全国一般労働組合東京南部は、株式会社レラ六本木販売に対して、以下要求し、団体交渉を申し入れています。

1.組合員の解雇を撤回し安全な労働環境下で復職させること
2.解雇時から復職までの賃金を遡及支給すること
3.会社ならびに会社従業員によるいじめで被った組合員の精神的苦痛に対し、組合員に謝罪し慰謝料を払うこと
4.東京高裁へ控訴しないこと
5.当労組との団体交渉を拒否した不当労働行為を当労組に謝罪すること
6.団体交渉を開催し、直ちに争議解決に向けて協議すること
7.団体交渉にあたっては、安田正社長が出席すること

4月25日現在、会社からまだ返事はありません。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2016年4月25日 at 5:31 PM

Categories: 争議   Tags:

ベルリッツ争議解決!

Settlement of Berlitz dispute!

The dispute in which Berlitz sued Begunto and Nambu for damage by strike was settled on Tokyo High Court on 27th December 2012.
The union is pleased the announce the satisfying settlement including Shunto since 2008.
Thank you for your long support.

ベルリッツ・ストライキ損害賠償訴訟は、2012年12月27日、東京高等裁判所で和解解決しました。
2008年以来の春闘ベースアップ問題を含む満足な解決だと喜んでお知らせします。
今後は正常な労使関係に戻っていくことでしょう。

長い間ご支援ありがとうございました。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2012年12月28日 at 12:14 AM

Categories: 争議   Tags:

ベルリッツスト損害賠償裁判完全勝利判決!

We won!
The Tokyo District Court has ruled that all of Berlitz Japan’s claims against the Union regarding strikes has been rejected.
Berlitz loses suit over union teacher strikes (Japan Times)

 2012年2月27日、東京地方裁判所民事第36部(渡辺弘裁判長)は、ベルリッツ・ジャパンが訴えた全国一般労働組合東京南部と支部組合ベグントが行なった2008年春闘ストライキにに対する1億1千万円の損害賠償請求事件について、「ストライキの正当性に欠けるところは認められない」とする判決を言い渡しました。

 ベルリッツ・ジャパン(親会社はベネッセ・コーポレーション)は、労働組合が行なった2008年春闘における指名・時限ストライキが、会社を加害する目的で行われた違法なものだとする訴えを、2008年12月に東京地裁に起こしていました。

 東京地裁判決は、ストが違法であるというベルリッツ・ジャパンの主張を完全に退けています。

 ベルリッツ・ジャパンのこの訴訟の目的は、1億千万円という損害賠償訴訟を
起こすことによって、労働組合の権利行使を萎縮させることにありました。

 しかしながら、組合のストライキが正当であり、労働組合の権利を
はっきり認めた点で、意義のある判決となりました。

 全国一般労働組合東京南部は、このような経営側の組合つぶしをはねのけ、
労働組合の権利、労働者の権利と生活を守るため、これからもがんばります。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2012年2月29日 at 9:11 PM

Categories: 争議   Tags: