なんぶの活動

労働法制の改悪と共謀罪の創設に反対する5.24連帯集会

5月24日、日比谷野外音楽堂で、23日に衆院を通過した「共謀罪」法案(組織的犯罪処罰法改正案)の成立に反対する集会が約2500人(主催者発表)の参加で開催され、私たちも参加しました。

以下に採択された集会のアピール文を掲載します。

5.24集会アピール

安倍政権は、またしても多くの国民の反対と慎重な審議を求める声を無視して5月23日、衆議院本会議で「共謀罪法案」(組織的犯罪処罰法改正案)の採決を強行しました。特定秘密保護法、労働者派遣法、そして安保関連法に続く暴挙です。これは政府・与党の一強支配によるおごり以外の何ものでもありません。国民の疑問や野党の質問に誠実に答えて議論をつくそうとしない今の国会の状況は、議会制民主主義の否定であり、国民主権の否定です。このままでは私たちの国の立憲民主主義が滅びてしまします。

「共謀罪法案」は、犯罪を計画しただけで実際の実行に着手しなくとも逮捕・起訴を可能にするものであり、そのために警察によるすべての市民や労働組合などを対象とした日常的・恒常的な監視を許すものであり、私たちの私生活とプライバシーが侵害され、正当な労働組合の活動が侵害される危険性が極めて高いものです。
また、現在国会で継続審議となっている「労働基準法改正法案」は、世界の共通ルールとなっている法定労働時間制を適用せず、割増賃金を払うことなく際限のない長時間労働を労働者に強いることができる、まさに「過労死促進法」「残業代ゼロ法案」となっています。安倍政権は、長時間労働をなくすことを国民に約束しながら、労基法を改悪し、さらには労働時間の上限時間を過労死の労災認定基準としてしまう法改正をしようとしています。
加えて、現政権は、「労働者の首切り自由」、解雇は一定の金を払えば自由にできるという風潮を日本の雇用社会に蔓延させる危険のある「解雇の金銭解消制度」*の導入を強く進めようとしています。

私たちは、労働者のいのちと健康を破壊し、長時間労働をさらに助長するような労基法の改悪と、私たちの雇用社会を崩壊させかねない解雇の金銭解消制度に断固として反対します。

市民運動と労働運動が手を取り合って連帯し、国民的運動と世論の力で今の国会と政治状況を変えていきましょう。

2017年5月24日

労働法制の改悪と共謀罪の創設に反対する5.24連帯集会参加者一同

*「解雇の金銭解消制度」
私たちはこれまで「解雇の金銭解決制度」と呼んできましたが、ここでの金銭解消制度とは、裁判で不当解雇の判決を得ても一定の金銭を払えば争いを解消させてしまう制度、という法的な意味で使われています。つまり、解雇無効の場合でも就労権を認めず職場に戻れない問題のある制度ということです。
これは「解雇の自由化」であり労働者の権利はく奪以外の何ものでもありません。
詳しくはこちら http://roudou-bengodan.org/proposal/20161104/

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2017年5月25日 at 2:19 PM

Categories: なんぶの活動   Tags:

「5.24労基法の改悪と共謀罪の創設に反対する連帯集会」へ!

「話し合うことが罪になる-共謀罪」で、まっとうな労働組合活動ができなくなる?

5.24日比谷集会にぜひ参加し、働く者の声を上げましょう!

労働法制の改悪と共謀罪の創設に反対する連帯集会

───────────────────────

日時:5月24日(水)18:30~ デモ19:45

場所:日比谷野外音楽堂

主催:労働運動と市民運動の連帯をめざす一日集会

(連絡先:日本労働弁護団)

http://roudou-bengodan.org/topics/4727/

共謀罪の最大の特徴は、まだやってもいない犯罪で罪に問われ、処罰されるかもしれないところです。犯罪が発生していない段階で罪に問われることです。

たとえば「パワハラ上司、殴りにいこうぜ」という居酒屋談義でも罪になってしまいます。

共謀罪のターゲットが市民運動や社会運動、労働運動つぶしにあるといわれるゆえんは、声を上げる人たちの声を抑えつけるのに、非常に有効な法律だからです。

共謀罪が成立すると、処罰も警察の恣意的な判断が可能で、警察による監視や盗聴が横行し、自由にものが言えなくなります。

共謀罪は、憲法が保障する基本的人権を侵害するとして、三度、廃案になってきました。

「壊憲」をもくろむ安倍政権を許さず、共謀罪に反対しましょう!

ストップ!監視・密告社会!!

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2017年5月23日 at 12:25 PM

Categories: お知らせ, なんぶの活動, 反戦平和   Tags:

共謀罪の創設に反対します!

かつて、治安維持法下で、過酷な監視社会が出来上がりました。治安維持法は社会運動を圧殺するためのものでした。社会主義運動や労働運動だけでなく、宗教や言論、表現、
学問、思想などありとあらゆる分野の自由を弾圧する装置となりました。
治安維持法と共謀罪の共通点は「罪」とされることの定義があいまいなことです。警察が「こいつあやしい」と思えば逮捕できてしまうのです。

共謀罪で盗聴、密告、監視社会にならないという保障はありません。労基法改悪に反対する労働組合運動の弾圧を狙うことも容易になるでしょう。

私たちは、あたりまえの労働運動が罪になる「共謀罪」に反対します。ストップ!監視社会!

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2017年5月19日 at 1:33 PM

Categories: お知らせ, なんぶの活動, 反戦平和   Tags:

第88回日比谷メーデーに参加しました。

メーデーの5月1日、私たちは今年も第88回日比谷メーデーに参加しました。

前段の全国一般なんぶ独自集会では、音楽著作権労組、きんざい分会、全芝浦屠場労組、国土地理分会、日本棋院職員労組、商業界分会、どんぐり労組、ハイウェイ共闘首高運労組など各支部から17春闘の報告や決意表明を受け、団結を確認しました。

式典は、全国一般なんぶ委員長の平賀さんが民間労組を代表してメーデー集会の開会を宣言、各分野のアピールが続きました。

国際連帯を掲げる私たちは、韓国サンケン労組の仲間たちとともに「連帯闘争歌」の「ユルトン(「律動」 労働者の闘いを表す歌に合わせたダンス)」を、カンボジア人実習生や韓国サンケン労組を支援する会の仲間たちと交じり、ステージに上がって踊りました。これからもマーチ・イン・マーチを始めとして闘う国際文化交流に力を入れていきましょう。

写真は解散地点で横に広がったなんぶの隊列です。18支部と個人加盟組合員合わせて約180名が参加しました。
お天気にも恵まれ、よいメーデーとなりました。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2017年5月2日 at 2:42 PM

Categories: なんぶの活動   Tags:

4.19なんぶ春闘統一行動

17なんぶ春闘統一行動を取組みました。

首都高速株式会社前で集会を行いました。
全国一般東京南部には、首都高速の料金所やパトロール、運転者などの労働者が所属する11の支部があります。
首都高速の料金所は危険できつい仕事ですが、働いている人は高齢者です。人手も足りず、労働密度が高まっています。大幅賃上げと労働条件を引き上げることで、新規労働者に来てもらわなければなりません。ハイウエイ労働者の春闘はこれから始まります。
私たちは、職場を超えて、春闘を取組みます。
ハイウエイ労働者の春闘を支えるため、ハイウエイ労働者を中心に、毎年ここで総行動集会を取組んでいます。

今年は、権利春闘東部総行動の仲間たちが合流し、合同の集会を開催しました。
韓国サンケン労組、JAL争議団、全国一般東部労組メトロコマース支部、全国一般東京労組フジビ分会など争議団からの決意表明がありました。全国一般東京南部からは、ハイウエイの支部などでつくるハイウエイ共闘の西村議長があいさつしました。

春闘は3月の1日で終わるものではありません。中小の春闘はGWを越し夏まで交渉することもザラです。決着するのに1年かかることもあります。でもきちんと交渉することで、会社の言いなりになることはありません。私たちは意思を持って交渉に臨んでいます。
春闘交渉は粘り強く。ともにがんばりましょう!

虎ノ門・首都高速株式会社前にて集会

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2017年4月20日 at 8:10 PM

Categories: なんぶの活動   Tags:

17春闘の勝利に向けて、力を合わせよう!

中小零細企業に働く労働者の賃金・労働条件は厳しさを増すばかりです。
格差と貧困が拡大し、中小企業労働者は正規・非正規を問わず、将来の生活設計が立たないばかりか、日々の健康や安心できる労働環境さえ脅かされる状況にあります。

低賃金と長時間労働を強いられる現場では、必要な労働力・人手の確保ができない慢性的人手不足が広まり、対策として「最低賃金」の引き上げがおこなわれていますが、それでも全国平均823円(東京932円)にすぎません。深刻なことは、この最低賃金に直接影響される水準の労働者が急激に増加していることです。中小零細の賃金水準が、どんどん最低賃金水準に近づいているのです。

全国一般なんぶの職場でも「ワーキングプア」現象が広がる傾向にあります。この間抑え続けられてきた賃金に加え、人手不足を背景にした長時間労働を強いられる実態が労働者を苦しめています。
17春闘での賃上げ・労働時間規制の要求は、待ったなし、切実な課題です。

労働条件を労使交渉によって決める春闘要求は、労働者の主体的な意思の総意です。労働組合は労使対等の原則に基づき、使用者側と団体交渉を行います。私たちは、労働組合の持つ権利である団体行動権を背景に力を合わせて17春闘を闘い、賃金・労働条件を改善しましょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2017年3月24日 at 7:41 PM

Categories: なんぶの活動   Tags:

March in March for Migrant Workers Rights!

March in March 2017 on Sunday 12th March at Ueno Suijo-Ongakudo.
For migrant workers rights, equity, unti-discrimination, peace, international solidarity!
Join the March in March! Join the our Union!

https://www.facebook.com/MARCHinMARCHforMigrantWorkers/

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2017年3月11日 at 12:15 PM

Categories: お知らせ, なんぶの活動   Tags:

移住労働者の生活と権利のための3月行動

移住労働者の生活と権利のための3月行動「マーチ・イン・マーチ2017」は、3月12日(日)午後1時から
上野水上音楽堂で開催します。みなさんの参加を呼びかけます。
March in March 2017 Facebook page:  https://www.facebook.com/MARCHinMARCHforMigrantWorkers/

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2017年2月20日 at 3:12 PM

Categories: お知らせ, なんぶの活動   Tags:

5.15沖縄平和行進

私たちは、毎年、5月に行われる5.15沖縄平和行進に参加しています。

今年も例年通り、全国一般全国協議会の一員として、全港湾労働組合全日建運輸連帯労働組合全造船機械労働組合の仲間とともに、沖縄平和行進南コースを行進しました。
私たちは、ひめゆり平和祈念資料館平和祈念公園摩文仁の丘、平和の礎平和祈念資料館などを見学し、
沖縄戦の悲惨を知りました。
在日米軍施設の74%が集中する沖縄での平和行進は、戦争と平和について深く考えるきっかけになります。

2016.5,15平和とくらしを守る県民集会で。

2016年は、14名の組合員が、那覇の新都市公園で行われた「復帰44年5.15平和と暮らしを守る県民大会」(主催:沖縄平和運動センター/フォーラム平和・人権・環境)に参加し、労働組合が反戦平和を希求し運動することの大切さを確認しました。

普天間基地返還撤去!辺野古新基地建設反対!
高江ヘリパット建設反対!基地のない沖縄をつくろう!
憲法9条を守れ!

夜は、参加する他の労働組合との交流し、沖縄料理に舌鼓を打ち、泡盛を酌み交わし、最終日はカチャーシーで夜が更けていきました。沖縄の文化に触れながら、「よく学び、よく闘い、よく遊ぶ」それが沖縄平和行進です。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2016年5月19日 at 9:29 PM

Categories: なんぶの活動, 反戦平和   Tags:

労働条件を改善する春闘

全国一般東京南部の春闘は、いくつかの職場で、メーデーを越える交渉が続けられています。

第87回日比谷メーデー行進

春闘とは、賃金・労働条件を見直した改善要求を使用者に提出し、労使協議の合意を目指すことです。
しかし、中小企業の経営状況は依然厳しく、年度の賃金改定は粘り強い交渉が行われます。私たちは格差是正と安心して健康に働き続けられる職場づくりのため「春闘」を闘っています。

労働者が何も言わなければ、労働条件が下がり、職場が劣化していきます。だから、労働条件の改善は、職場の声を集めて、経営者に要求としてぶつけるところから始まります。
交渉は、スト権を立てて、粘り強く。団結力が勝負です。

労働者の声は、職場改善に欠かせません。
労働組合の要求は、組合員の民主的な討議を繰り返し決定されます。組合員の総意による要求に対し、経営者は誠意をもって交渉することが義務づけられています。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2016年5月2日 at 12:06 PM

Categories: なんぶの活動   Tags:

次ページへ »